多種多様なドローンの種類

このエントリーをはてなブックマークに追加
多種多様なドローンの種類

ドローンの登場によって、建物や景色の空撮などが簡単に行えるようになりました。そんなドローンには多種多様な種類が存在します。Five Starでは建物空撮サービスにPhantom3を取り入れていますが、こちらでは多種多様なドローンの種類についてご紹介します。

回転翼の違い

ドローンと一括りにしても、大きさ・形状・性能は実に様々です。まず、空を飛ぶために欠かす事が出来ない回転翼の数に違いがあります。

現在のドローンは回転翼の数が4つのクアッドコプターが主流です。一般的に回転翼の数が多いほど、風にあおられにくく、カメラなどの装備を掲載しても安定した飛行を可能にします。

また回転翼の数の違いだけでなく、回転翼の位置が本体を中心にしてX型や十型に取り付けられているなどの違いもあるのです。

機能の違い

ドローンが大きく広まったきっかけは、これまでには考えられなかったような空撮を可能にした事にあります。

そのため、現在のドローンには予めカメラ機能が掲載されているものも登場しました。ドローン自身が現在位置を把握する機能なども登場しており、安定したホバリングや操作を可能にしています。

操作の違い

ドローンの操作方法には、ラジコンタイプと自律飛行タイプの2種類があります。
ラジコンタイプはコントローラーを使って操縦を行うタイプで、離発着から飛行中の操作まで手動で操作する醍醐味があります。

また、初心者の方でも簡単に操作出来るのが自律飛行タイプです。
このタイプのドローンは多くのセンサーが掲載され、スマートフォンのアプリで目的地や経路を設定して操作する事も可能です。

また、安全性を確保した飛行を楽しめるのが特徴です。もちろん飛行中は手動で操作する事も出来ます。性能も大きく向上した事によって、建物空撮や景色空撮も安全に楽しめるのです。

Five Starでは、高性能のドローンを活用した建物空撮サービスを行っております。建物空撮サービスは個人向け・業者会社向けにも対応致します。お手頃な値段で建物空撮サービスをご提供しており、十分な安全性を確保し、経験豊富な操縦士による撮影を行います。他にもドローンの墜落など、万が一のトラブルにも備えたメーカー補償の保険に加入しておりますので安心してご依頼下さい。

また、高性能ドローンのレンタルサービスも行っておりますので、ご自身で建物撮影や景色撮影を楽しみたいとお考えの方はお気軽にご相談下さい。