ドローンの使い方、使いみち

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンの活用方法は実に様々です。災害状況の調査、要救助者の捜索、モノの配達、農業調査など、これからの時代に欠かす事が出来ない存在とも言われています。

そのなかでも、とくに注目されている活用方法がドローン空撮です。こちらではドローン空撮の使いみちについて、いくつかご紹介します。

建物の空撮

建物の空撮

建物の外観を見るとき、人間の行動範囲では地上から見るのが限界です。

しかし、ドローン空撮を利用する事で建物の外観を上空から見る事ができ、これまで確認出来なかった建物の姿を新しく知る事が出来ます。

空からの視点をいかして、不動産業者様も物件紹介や物件周辺調査にドローン空撮を利用するなど、需要が広まっています。

景色の空撮

川

ドローンの需要が広まっている理由のひとつが、操作性の良さです。

また、ドローンのサイズ自体も比較的小さく、人が立ち入る事が困難な場所でも、ドローンなら簡単に入れる身軽さがあります。

そのため、地球上のあらゆる自然環境リサーチなどにも活用されています。

山

例えば、普段慣れ親しんでいる川や山、海沿いといった自然を、陸地からではなく上空から撮影するのもドローン空撮活用方法のひとつです。

いつもとは違った景色を楽しめるだけではなく、これまで見る事が出来なかった自然の素晴らしさを改めて感じる事が出来るはずです。

また自然の撮影に限らず、夜景の撮影や花火を間近で撮影するなど、様々な景色を空撮するのに活用出来ます。

スポーツの空撮

アクロバティックで大技を叩き出すスポーツの撮影手段として、ドローンの需要が広まっています。とくにカメラマンが追いつけないスピードや高さで競われる競技の撮影にドローンは活躍します。

例えば、雪上の芸術的スポーツと言われるスノーボードやモーグルなども上空から技を撮影する事によって、違った視点で技の凄さを見る事が出来るのです。

またサッカーやラグビーなど、広くスペースを使いながらボールの動きが激しいスポーツ撮影においても、ドローン空撮が用いられつつあります。

ドローン空撮の需要は多方面にわたって広まっており、撮影のご依頼も増えています。福島県いわき市周辺でドローン空撮サービスを利用するなら、ぜひFive Starにご依頼下さい。ドローンにて4K空撮致します。

建物のドローン空撮サービスでは、撮影した動画や写真を元に3Dフィギュア作成なども承っております。また、ドローンのレンタルサービスなども行っており、ご自身でドローンを活用した空撮もお楽しみ頂けます。