ドローンで建物を空撮する利点

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドローンで建物を空撮する利点

不動産業者や企業・会社・施設の新たな宣伝方法としてドローンを活用した建物空撮サービスが注目を集めています。

ドローンを活用した建物空撮サービスには、どのような利点があるのでしょうか?

撮影の範囲が広がった

これまでは、建物や土地の構造上、人間の手による撮影が困難な場所が数多く存在していました。

今までは有人ヘリコプターを利用して撮影していましたが、有人ヘリコプターでの撮影は多くの労力を必要とし、地上から約150メートル上空までの空域の撮影は不可能に近い状態でした。

しかし、有人ヘリコプターのデメリットをカバーし、人の手が届かない場所でも簡単に撮影する事を可能にしたのがドローンです。

建物外部の詳細を知る事が出来る

不動産業者様の場合、物件情報を公開する際に内部の状態だけでなく、建物の外観まで情報公開する事もあるはずです。そのようなとき、ドローンを活用する事で細かい部分の撮影を可能にし、物件全体の良さをアピール出来ます。

利益獲得につながるPRに役立てるだけでなく、物件に修復箇所がないかドローンで確認するなど、幅広い活用が出来るのも建物空撮サービスの利点です。歴史的建造物の屋根に破損がないかドローンで確認する、寺院などの施設様や自治体も増えています。

撮影コストも大幅削減

これまでの建物空撮サービスはセスナ機やヘリコプターの活用が一般的で、費用の高さがネックでした。

しかし、ドローンの登場によって建物を撮影する費用もおさえられ、不動産業者様・企業様・施設様などにとって費用対効果の高い新たな宣伝方法となっているのです。

福島県いわき市周辺で、建物空撮サービスのご依頼はFive Starにお任せ下さい。

Five Starではドローンを活用した動画撮影、ドローン空撮を元にした3Dフィギュア作成などを行っております。

お手頃なお値段で空撮サービスを行っており、福島県いわき市に限らず出張撮影で全国に対応致します。他にも気になる事がありましたら、お気軽に問い合わせ下さい。