Phantom4のCPLフィルター

投稿日: カテゴリー: Blog, ドローン全般
このエントリーをはてなブックマークに追加

DJI Phantom4を使って空撮をしていて皆さんも経験があると思いますが、水辺など日光が反射してしまい綺麗に撮影できない場合に役に立つCPLフィルターというものが販売されています。
他にもNDフィルターも販売されていますが、NDフィルターはレンズに入ってくる光自体を減光することでシャッタースピードを遅らせ、水辺などで滑らかな流れを撮影できる物です。
この場合は、シャッタースピードも遅くなるのでカメラを完全に固定しなければ動きのある部分以外もブレてしまうので撮影が難しくなります。
そこで、偏光レンズが役に立つ訳です。
レンズに入ってくる光は、自然光・紫外線・反射光などがありますが、偏光レンズは自然光のみを取り入れるので水辺での撮影に向いています。
例に、一般的に販売されているCLPレンズを装着して撮影した例をアップしました。

41c7xmythzl


snapshot_2

ノーマルのUVフィルター

snapshot_3

CPLフィルター

比べると一目瞭然です。
非常に綺麗に撮影できました!

コメントを残す