映像撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加

<撮影>
ビデオカメラ撮影スチール撮影の撮影を賜ります。
背景ボケが美しい一眼レフカメラによるビデオ撮影やスチール撮影、イベント撮影の記録として対応致します。
また映像と共に音声収録も貴重な記録です。フィールドレコーダーと合わせてミキシングしながら収録いたします。
機種:SONY AX100、NikonD5300、Lumix G6、DJI OSMO、Gopro Hero5、TASCAM DR-70Dなど

DSC_0117-1 J0000011700[1]

DJI_OSMO_Release

DJI OSMOはハンディタイプのカメラです。

一見普通の小型カメラに見えますが、ドローン開発で培われたスタビライザ(衝撃吸収装置)により、ドローンで撮影している様な滑らかな映像が撮影できます。



また、ルミカBirds iRod 6G-7500(長い一脚スタンド)との組み合わせにより、最大7.5mからの撮影が可能です。
高さのイメージは、一般的な歩道橋の高さからの眺めになります。

<ドローン空撮が出来ない場合の撮影方法として>
催し上空でのドローン撮影許可は国土交通大臣への都度申請が必要となり、対策としてパラシュート搭載や電源2重化など多岐にわたる安全対策が必要です。
催事場では多くの人が集まると電波の状態も混雑してドローンの送信電波が妨害される恐れもあります。
また200g以下のトイドローンは航空法外となり飛行制限がなくなりますが、催事場ではドローンが禁止されている事も多くドローン撮影は不可能です。
屋内においてドローンはGPSをキャッチできず不安定な挙動になってしまいますので、屋内撮影で動きのある撮影も安心して行う事が可能です。

上記に制限されない撮影方法として、一脚にOSMOを合わせての撮影をご提案させて頂いております。

動画撮影料金は、¥29,800~ご相談にお答えいたします。
お問い合わせはこちらより、お気軽にご連絡下さい。